面接~バイト初日まで

面接はしっかりと挑む

正社員の面接はスーツで挑むのが常識ですが、バイトとなると途端にラフな格好になったり気が緩む方がいます。確かに雇用形態は大きく違いますが、その場所で働くという事実に変わりありませんし、お金を頂く以上プロとしてお客様にサービスを供給する必要があります。なので例えアルバイトの面接とは言えどスーツで挑むのは間違った行為ではありません。 入室や椅子に座る時の手順も事前に確認するに越したことはありません。実際は、アルバイトの面接ではそこまで厳しく見られない場合も多いが、しっかり見る企業もあるので気を抜くことは厳禁です。必ず聞かれるのは志望理由で、これが答えられなかったり内容の薄いものであれば採用は厳しくなります。

あらゆる準備が必要です

面接が通ったら次は初日を迎えることになりますが、その間の過ごし方は大切です。アルバイトの場合は採用から初日まで短い場合もありますが、その業界に関する基本的な事柄程度は勉強しておきたいです。どのようにして利益を上げているか、接客業であれば敬語と謙譲語の使い分けなどです。厳密に言えば仕事に必要なことは研修で学びますが、研修で初めて知るのではなく、学んだことの確認が研修でできれば最良です。 仕事が始まるのだという精神的な盛り上げも必要不可欠です。変に緊張するのではなく、初日から活躍してやるのだという気概が大切です。ファーストインプレッションはとても大切で、やる気に満ちている印象を与えることができたか否かで今後のアルバイト生活が左右されます。

© Copyright Work Registration . All Rights Reserved.